Antenna

最近利用者が急増した地デジアンテナ|特徴を紹介

地デジを受信するために

アンテナの種類

作業員

地デジを受信するためには地デジアンテナを設置する必要があります。
地デジアンテナといってもいくつかの種類があり、さまざまな形をしていますが、地デジアンテナを設置する場合には、設置する場所で希望する電波の強度を調べることが必要です。
テレビの電波は電波送信所から発せられたものであり、その送信所から近ければ近いほどより強い電波を得ることができます。
反対に距離が離れると電波が弱くなるので、受信感度が下がってしまいます。
また地形的な問題もあって山間部などは場所によって電波が悪くなる場合もあります。
地デジアンテナとしてもっとも利用されているのが八木アンテナと呼ばれるもので、魚の骨のような形のものです。
この形は効率よく電波を受信する能力に優れているのが特徴ですが、反面で見た目が悪いので、外観を気にする人の場合には不向きです。
一方で近年は平面アンテナと呼ばれるタイプの地デジアンテナも登場しています。
これは八木アンテナのような魚の骨の形ではなく箱状のものとなっているもので、外観に影響を与えないものです。
ただ八木アンテナと比べると受信性能が落ちるため電波の弱い地域では十分な使用に対応できない場合があります。
一方で電波の強い地域であれば室内用の地デジアンテナも手段です。
こちらはテレビに直結するだけなので地デジアンテナ工事が不要というメリットがありますが、平面アンテナの一種で、屋外設置用と比べるとより小型であるため、上手く電波が受信できない場合があります。
このように地デジを受信する場合にはその場所に適した地デジアンテナを選ぶことが大切です。

綺麗に映るものを設置

アンテナ

テレビを見るためには地デジアンテナが必要になります。
この地デジアンテナには、屋内用と屋外用があり、映りを考慮して、屋根などに設置する屋外型の利用が多い傾向です。
このため、個人で設置するのは困難であることから、地デジアンテナ取り付け業者に依頼をして設置するのが一般的です。
この際に必要な費用は地デジアンテナと工事費用になります。
地デジアンテナ自体は10,000円前後で購入できるものも多く、比較的安価に手に入れることができます。
しかし、設置する工事費用は通常50,000円以上と高額になるのです。
地デジを視聴するには、地デジアンテナの設置だけではなく、分配器やブースターなどの設置もしなければ見れないのが一般的です。
地デジアンテナの設置を依頼する先は、専門業者や街の電気屋さんなどになります。
どちらの場合もきれいに受信できるように設置してくれることや、強風などによって飛んでいかないように、しっかりと取り付けてくれます。
一方、室内アンテナは素人でも設置できるものもありますが、屋外の地デジアンテナに比べると映りが良くない場合もあるため、機種選びは慎重にしましょう。
屋外の地デジアンテナの設置は、費用が高額になりがちですが、安全に設置できる点や映りが良く設置できる点などを考慮すると、プロに依頼するのが安心です。
設置を依頼する場合には、見積もりを取ってみて明瞭な会計をしてくれる業者を探すことをおすすめします。

設置環境で変わるアンテナ

部屋

地上波デジタル放送が開始されて、地デジアンテナの設置が必要になりました。
テレビチューナー内蔵のテレビでも、アンテナを設置しなければ見る事が出来ません。
また、アンテナを室内に設置する事も可能ですが、電波を拾いきれずに映像が乱れる可能性があるので、基本的には室外の設置になります。
テレビを見る為には、必要不可欠である地デジアンテナですが、大きく分けて二種類あります。
 一つは目は八木式アンテナと呼ばれていて、誰にでも馴染みのある魚の骨のように見える形で、昔から今現在も多く設置されています。
屋根上に設置するのが基本で、電波を拾いやすく、調整しやすいアンテナで、低価格のものが多く購入しやすいのも特徴です。
しかし、外部にさらされている為、雨や風、鳥の被害にあいやすく、ダメージを受ける可能性が高いのが欠点です。
 二つ目は、デザインアンテナと呼ばれるもので、薄型で家の外観を損なわない洗練されたデザインで、使用する家が増えてきました。
その形状から、屋根上に設置する事が難しく、ベランダや外壁に設置するのが基本になります。
値段は八木式アンテナよりかなり高く、設置する場所も限られています。
電波の受信が不可能だと、設置業者に依頼しても断られる事があります。
地デジアンテナを選ぶなら、八木式アンテナが一番確実ですが、どうしてもデザインアンテナを設置したいのなら、業者に相談してみるのが得策です。
設置業者は、電波が弱くても様々なやり方で受信させてくれるプロなので、無理が通る事もあります。
 地デジアンテナは長く使用するものですから、どうせなら自分の気に入ったアンテナを使用したいものです。

地デジを受信するために

作業員

地デジを受信するためには地デジアンテナを設置する必要があります。地デジアンテナの種類としては八木アンテナと平面アンテナがあり、また室内に設置できるものもあります。しかし、電波の強度によっては上手く受信できない場合もあるので、立地と地デジアンテナ選びが失敗しないためにも重要です。

詳しくはコチラ

取り替えの際に検討しよう

アンテナ

新築やリフォームを期に地デジアンテナを交換する際には、業者が取り扱うデザインアンテナを検討してみましょう。家の側面に取り付けるボックス型のデザインアンテナは、デザイン性、強度ともに優れており多くの方が選択しています。

詳しくはコチラ

テレビのアンテナを設置

住宅

地デジアンテナを設置する工事は自分でDIYするのが一番相場が安いですが、それは難易度が高いので業者に依頼しましょう。電波発信所をスマホアプリなどでチェックし、ブースターなどの補助機械を設置してもらえば綺麗に地デジが映ります。

詳しくはコチラ