Antenna

最近利用者が急増した地デジアンテナ|特徴を紹介

テレビのアンテナを設置

アンテナ設置の相場

住宅

地デジアンテナを住宅の屋根やマンションのベランダに設置する際には、しっかりと施工のコストを抑えることが大切です。しかし、一番相場が安いといえる自分で行うDIYはかなり難易度が高く、素人が手を出していいものではありません。もちろん相応の実地練習と知識があれば問題なく施工が可能ですが、そこまでやって自力でやる人はかなり少ないでしょう。なので専門業者に地デジアンテナ設置工事を依頼するのが基本といえます。その際の相場を調べる前に、近くの電波発信所を確実にチェックしておきましょう。特にマンションの人にとってはとても重要で、ベランダの方向に無かったときにはかなり相場が高くなることを知っておくべきです。そういった場合には大家さんなどに行って、マンションの屋上にアンテナを設置させてもらえればかなりコストを抑えることが出来ます。一戸建ての場合は屋根に設置することになるので、割とスマートに工事が終わるでしょう。最近はこうした電波発信所を調べるためのスマホアプリが便利となっています。上手くアプリを使いこなして、方角を正確に調べておくようにしましょう。また、適切な方向に向かって地デジアンテナを設置したのに電波が弱いときがあります。その場合にはブースターやUHFアンテナなどを一緒に設置してもらうといいでしょう。それ相応の相場となっていますが、電波を強力で指向性の強いものに出来るのでより地デジアンテナの性能を高いものに出来ます。

電波を受ける方向が大切

TV

テレビを観るためには、電源と電波が必要です。最近は、ケーブルテレビを導入している家庭が増えていますので、屋根にアンテナがなくともテレビが観れるようになりました。住宅を購入して、地デジアンテナを設置をする場合は、通常は専門の業者に依頼します。なぜなら、屋根に上がる必要があることと、電波を受信するための地デジアンテナの方向を決めなければならないからです。地デジアンテナの方向が、電波の発信所に向いていないとテレビが綺麗に映りません。地デジやBSは、それぞれ発信している場所が異なります。取付業者は、電波測定器を使って最良の方向で設置・調整します。地デジアンテナというと、屋根の上に魚の骨のような形が一般的です。台風や落雷などで倒れることを心配する方や家の外観にこだわる方には、家の壁面に設置するデザインアンテナに人気がでてきています。また、電波状況によっては、地デジアンテナを屋根裏に設置することも可能になっています。色も豊富に揃っていますので、壁色と同色にすれば目立つこともありません。地デジアンテナ工事は、アンテナの設置だけでなく電波を増幅させるブースターや複数のテレビを観るための分配器の設置もあります。また、地デジやBSが1本のアンテナ線にまとまっている場合は、分波器も必要になります。地デジアンテナは、地震などの災害時にも強さを発揮します。災害発生後の復旧では、電気が一番早く元通りになります。地震などで電柱が倒れた場合は、ケーブルテレビの復旧に時間がかかる場合が想定されるからです。電力が復旧すれば、すぐに災害情報を得ることができます。

専門業者の相場

丸いアンテナ

新築住宅や新しい住宅に引っ越した場合に、地デジアンテナを取り付ける必要があります。インターネットを見ると、たくさんの地デジアンテナが販売されていますし、ホームセンターなどに行っても様々な種類の地デジアンテナが売られています。これらを購入して、自分でアンテナを取り付ける人もいますが、基本的には専門業者に依頼するほうがおすすめです。地デジアンテナそのものは数千円から1万円程度で販売されていますので、自分で取り付けることができれば安く済ませることもできます。しかし、適切な設置をしなければ、強風や鳥の被害によって破損する恐れがありますし、きちんと電波を受信できない可能性もあります。アンテナは屋外に置いて常に風雨にさらされるわけですから、専門業者による適切な設置が必要なのです。地デジアンテナの専門業者に設置を依頼した場合、その費用は業者によって様々です。インターネットをみると「1万円〜」と書かれているようなケースもありますが、実際にはアンテナ本体の価格であって、取り付け工事自体を含めると5万円から10万円程度が相場となっています。地デジアンテナを設置する場合には、実際にはそれだけではすみません。複数のテレビにつなげるのであれば分配器の設置も必要になりますし、電波の受信状況が悪ければブースターを取り付けて電波を強くする必要もあります。それらの費用や設置工事などを含めていくと5万円から10万円になるのです。

地デジを受信するために

作業員

地デジを受信するためには地デジアンテナを設置する必要があります。地デジアンテナの種類としては八木アンテナと平面アンテナがあり、また室内に設置できるものもあります。しかし、電波の強度によっては上手く受信できない場合もあるので、立地と地デジアンテナ選びが失敗しないためにも重要です。

詳しくはコチラ

取り替えの際に検討しよう

アンテナ

新築やリフォームを期に地デジアンテナを交換する際には、業者が取り扱うデザインアンテナを検討してみましょう。家の側面に取り付けるボックス型のデザインアンテナは、デザイン性、強度ともに優れており多くの方が選択しています。

詳しくはコチラ

テレビのアンテナを設置

住宅

地デジアンテナを設置する工事は自分でDIYするのが一番相場が安いですが、それは難易度が高いので業者に依頼しましょう。電波発信所をスマホアプリなどでチェックし、ブースターなどの補助機械を設置してもらえば綺麗に地デジが映ります。

詳しくはコチラ