Antenna

最近利用者が急増した地デジアンテナ|特徴を紹介

取り替えの際に検討しよう

デザイン性も強度も抜群

アンテナ

新築やリフォームを期に新たな地デジアンテナの設置を考えている方もいらっしゃるでしょう。
地デジアンテナの取り付け工事を依頼できる業者は様々存在しており、業者が扱うアンテナを購入しそのまま取り付けてもらうことができます。
地デジアンテナの取り付け工事を行う業者は各地にあるので、適切なタイミングで設置してもらいましょう。
これまで従来の骨組み状のアンテナを使用してきた方が多いと思われますが、現在はデザインアンテナと呼ばれるボックス型の地デジアンテナが人気となっています。
デザインアンテナは家屋の側面に設置することが基本となり、現代の住宅デザインに良くマッチします。
カラーもバリエーションがあり、ご自宅の外壁と調和する色を選択できます。
これまで屋根の上に突き出していた骨組み状のアンテナが無くなることで家の見栄えが格段に良くなるでしょう。
優れているのはデザイン性だけでなく、壁の側面にしっかりと固定できるようになっており強度も増しています。
台風など風の影響を受けにくく、状態を目視で確認できるため管理もしやすくなります。
各業者取り付けの際には細心の注意を払い行ってくれるので壁を傷つけることなく確実に設置できます。
デザイン、強度ともに優れているため、近年は多くの方が交換時にデザインアンテナを選択しています。
価格も2万円台からと手を出しやすい金額となっているので地デジアンテナ交換の際はデザインアンテナを検討してみましょう。

工事が必要な場合も

作業員

従来のアナログ形式のアンテナでは、地デジを受信することが出来ないため、地デジアンテナに対応させるための工事が必要となります。
地デジアンテナの工事は集合住宅の場合には管理組合が施工することになりますが、戸建の場合には各自で行う必要があります。
地デジを受信できないという方はまず地デジアンテナ工事を実施するようにしましょう。
この工事は屋上にアンテナを設置し室内まで配線して接続したテレビで見られるようにするという工事ですが、工事を依頼するとまずその家の地デジアンテナ設置工事はいくらするのか見積もりをしてくれます。
その価格に納得できれば工事を開始します。
工事と言っても大掛かりなものではなく、電波の設置と受信確認に、テレビのチャンネル設定で完了します。
工事料金に地デジのアンテナや工事に必要な材料などを全て含んでいるため1万円前後で行える場合が多くなっています。
地デジアンテナを設置しなければ地デジ放送を見ることはできませんから、まだ導入していない家庭の方はぜひ導入を検討してみましょう。
地デジアンテナの工事は既存の住宅に設置する工事の他にも、新築住宅に設置する工事もあります。
このためマイホームを購入される場合には、地デジアンテナ工事が別途必要かどうか確認しなくてはなりません。
業者によってはアフターサービスもしっかりしてくれるところがあるので、これから地デジアンテナを設置される方はなるべくサービスの良い業者を選びましょう。

安全な作業手順と材料調達

テレビ

地デジアンテナの取り付け工事を電気店に依頼する世帯が多いでしょう。
地デジアンテナの設置は特別な難しさはありませんが、一つの問題として高所作業となり、複雑な部材を用いた作業となることです。
電気工事を含まず、アンテナによる電波を的確に受診することのみですが、アンテナの設置場所や方向がもっとも重要となり、正しい部材を用いて、安全な設置が求められます。
屋根やベランダに取り付ける際は、突風や鳥の飛来で倒れたり、落下を避けるために、固定具を正しく設置する必要があります。
UHFアンテナは電気店で安価に販売しています。
アンテナを立てるマストを購入します。
屋根であれば屋根馬、ベランダの場合、柵などに合った固定金具を購入しましょう。
アンテナ取り付けキッドとして電気店の専門ブースにすべての部品が揃っていますので、店員さんに聞いて揃えると良いでしょう。
住宅内で複数のテレビを使用する場合、スケールに合った増幅器を購入しましょう。
増幅器のスペックが住宅環境に合っていない場合、十分な電波が受信できないケースがあるので、確認を怠らないようにしましょう。
実際に取り付けをする際には、安全な作業ができるように足場の確保はしっかりと行いましょう。
取り付け工事の際は部材の落下による事故を避けるため、作業をが下からわかるような配慮も必要です。
安全に設置が終了すれば、最後に地デジアンテナの方向を調整します。
地デジアンテナは電波発信拠点方向に向け、実際のテレビを使用して受信状態の確認を行います。
相場で5万円から10万円と言われる地デジアンテナ設置工事もDIY作業であれば、1万5千円未満で済むでしょう。

地デジを受信するために

作業員

地デジを受信するためには地デジアンテナを設置する必要があります。地デジアンテナの種類としては八木アンテナと平面アンテナがあり、また室内に設置できるものもあります。しかし、電波の強度によっては上手く受信できない場合もあるので、立地と地デジアンテナ選びが失敗しないためにも重要です。

詳しくはコチラ

取り替えの際に検討しよう

アンテナ

新築やリフォームを期に地デジアンテナを交換する際には、業者が取り扱うデザインアンテナを検討してみましょう。家の側面に取り付けるボックス型のデザインアンテナは、デザイン性、強度ともに優れており多くの方が選択しています。

詳しくはコチラ

テレビのアンテナを設置

住宅

地デジアンテナを設置する工事は自分でDIYするのが一番相場が安いですが、それは難易度が高いので業者に依頼しましょう。電波発信所をスマホアプリなどでチェックし、ブースターなどの補助機械を設置してもらえば綺麗に地デジが映ります。

詳しくはコチラ